2015/11/28

rigid から 3,009 hours 着用した A.P.C. の petit standard #47






今回の投稿は、リジッドから約3,009時間着用したapcのプチスタンダードの画像です。


着用1,436時間と1,984時間目でドライクリーニングにだし、2,343時間、2,506時間、2,686時間目に三度水洗いし、2,929時間目で浸け置き(soak)をしました。


画像を特大表示に設定しました。
この画像でみるとアウトシームのアタリにミミの存在を感じられる
レールのようなアタリではなくキャタピラ痕のようなアタリがついてほしい


当ブログで記述するハチノスとは膝うらの色落ちのことです
臀部がILL

DETAILS

  • Name: A.P.C. Petit Standard 
  • Fabric: 100% cotton selvedge denim
  • Weight: 12 oz.14 oz.
  • Fit: Slim taper
  • about 3,009 hours, 5washes, 1 Soaks,



heddelsさんに投稿されているプチスタを見るとsoak数回で、ほとんど洗っていないようです。着用時間ではなく、期間が記載されているのですが、それらのジーンズを見ると期間中起床時は常に穿いていたと思われる色落ち。しかもほとんど黄ばんでいる。あとapcのデニム生地って12ozなんですね。13ozくらいと勘違いしていました。14.5ozでした。プチスタのフィットはスリムテーパー。



久々にリジッドのプチスタを撮影しました。


現行はデザイナー名表記がないと記憶
マイナーチェンジが多い箇所

ニュースタ購入時に付属したピンをプチスタに流用
ニュースタは譲渡

下の糊を落としてから穿いたプチスタウエスト実寸76cm
濃い方はリジッドウエスト73cm
伸びたわけではなく元から大きい


切れ端発見

以前、当ブログにて裾上げした際にでた切れ端の片方を洗い、その色落ちを記録していく計画があり、その生地を転居時に紛失したと思っていたのですがでてきました。上が何回か洗ってほつれた切れ端です。下がリジッド(多分)。企画を再開するか考え中です。






資本主義に呑まれていく

来年の年始にまたapcジーンズが値上げするようなので、一本購入しておくと良いかもしれません。恐らく春には税込み22,000円になります。プチスタのブログを運営していますが、お勧めは形的にトレンドのプチニュー。他にはニューキュア、ニュースタがあります。生地はどれも同じで形が違うだけなので似合う一本を。などと書くと回し者みたいなので、私が欲しいジーンズも記述すると、ウエアハウスの606タイプです。購入できるのであれば、フリホの601xxか水牛パッチ期のウエアハウスの1001xxです。



色落ちしたアーペーセージーンズ画像募集に関して

色落ちしたA.P.C.ジーンズの画像を募集しようと企画していたのですが、A.P.C.の日本販売代理店さんがバトラープロジェクトで集めたデニムをまとめてサイトなりで公開して欲しいと思います。それらはいい色落ちをしていると公式的に認められた色落ちになり、バトラープロジェクトの趣旨に沿った販売促進に繋がると思います。個人でやるのは難しそうな気がしてきました。



終わり